Welcome

株主優待

株主優待を実施している企業の株価は、多くの場合は毎年のように株主権利落ち日に株主優待の品に配当金を加えた金額よりもはるかに下がって、朝の寄り付きの値段を形成する銘柄もあります。

しかし、毎年そのような傾向がある株式に株主権利落ち日前から空売りを仕掛けて、株価の値下がりによる利益を得ようとしても、大抵の場合は空売りした株式には逆日歩がある程度かかるために、なかなか空売りだけで大きく儲けることは難しいです。

FXとバイナリーオプションにはそれぞれ違う特徴がある

fsd7fff88外貨が関係するという意味では共通するFXとバイナリーオプションですが、その取引方法と特徴には違いがあります。

FXは通貨を直接売買するものです。安く買って高く売るのが基本ですが、レバレッジをかけることにより、ハイリスクハイリターンとなります。

それに対してバイナリーオプションの場合は、取引自体は分かりやすく簡単なものです。値段自体に注目するFXとは違い、今の値段から上がるか下がるかを予想するというものです。

その、上か下かを予想するバイナリーオプションには、倍率によって決まる払い戻しというものがあります。その予想も極めて短時間のものになり、何分後には円高か円安かという形となります。それは時間や通貨ペアにより違いがあり、また取り扱う企業によって取引方法も異なってきます。そして、予想が当たれば倍率によって決まる払い出しがありますが、こちらも企業や取引方法によって変わってきますので、注意が必要です。

取引自体は簡単な仕組みなので、初心者でも始めやすいのが特徴ですが、FXとは違い時間が指定されているということに注意が必要です。

FXの場合は、取引は自分のタイミングで自由に行うことができますが、バイナリーオプションの場合には自分の好きな時間に買ったり売ったりができないので、強制的に指定時間後の値段に応じて決済されることになります。また、どれほど決済時の通貨の価格差があっても、倍率によって決まった額の利益しか得ることはできません。

その一方で、FXの場合には投入金額以上の損失を出すリスクもあるわけですが、バイナリーオプションの場合には、その購入額以上の損失を出すことはありません。損失のリスクが制限されているために、初心者でも取引しやすいのがポイントです。

とはいえ、バイナリーオプションは投入資金を全て失うリスクもあるわけですから、自分にはどれほどのリスクを負うことができるのかを見極めた上で行うことが必要です。FXを選ぶなら、オアンダのボーナス、バイナリーオプションから始めたいならスマートオプションのボーナスを個人的にお勧めしています。両業者とも初心者に特に人気のある業者です。