Welcome

株主優待

株主優待を実施している企業の株価は、多くの場合は毎年のように株主権利落ち日に株主優待の品に配当金を加えた金額よりもはるかに下がって、朝の寄り付きの値段を形成する銘柄もあります。

しかし、毎年そのような傾向がある株式に株主権利落ち日前から空売りを仕掛けて、株価の値下がりによる利益を得ようとしても、大抵の場合は空売りした株式には逆日歩がある程度かかるために、なかなか空売りだけで大きく儲けることは難しいです。

逆指値注文という技を知っておく

fsdu7f88FXトレードをしていく上で、指値注文というのはぜひ知っておきたいところです。これは、「売りたい価格と買いたい価格」を前もって決めておいた上で取引する方法です。システムにその金額を入力しておけばよいのです。

一方、逆指値注文というのは、自分に不利な値をあらかじめ入力しておくのです。これがなぜ必要なのかといいますと、「リスクカット」ができることです。指値注文は、「ここから先の値段で取引できれば利益が出る」という前提で行われます。

FXトレードにおいては、先に売って後から買うというやり方も可能です。従って、高いときに売っておき、安くなってから買うことで利益を上げるということも可能なのです。従って、利益を出すコツは、「安い時に買っておいて、高い時に売る」か「高い時に売っておいて、安い時に買う」というのが大事ということになります。両者の違いは取引の順序が逆になるだけで意味は根本的に同じです。

ただ、想定外の動きをする、つまり、予測とは逆方向に値が変動することも当然あります。安く買って高く売りたいと思っても、こういう場合は、買った時よりも安くなってしまうことになるのです。指値注文では、値段がここまで上昇したら売ると設定しているので、上昇しない限りは決済がされません。さらに安くなればなるほど損失がどんどん大きくなっていくので、このままでは大損してしまいます。

もしロスカット、つまり「これ以上マイナスが出る場合は強制的に決済します」ということが発動されれば利益が出ないばかりか損失も大きくなってしまいます。

そこで、「逆指値注文」をすることで損失をできる限り軽減するという方法をとります。これをしなければロスカットによって損失が拡大してしまうためです。

このようにFXトレードは思うようにいかないことも多々ありますが、しっかりリスク管理をしていけば、これで生計を立てることも不可能ではありません。リスク管理がしやすい環境が整っている業者を選ぶことが初心者のFX比較で重要となってきます。24オプションはそんな業者の一つだと言えるでしょう。また、24 optionも人気の理由ですが、それよりもリスク管理とともにサポートの質が高いところも定評がある理由だと思います。